〜〜創作物登録イベント〜〜


BMS活性化運動開始に伴った
創作物登録イベントのログです。


〜〜イベント会場〜〜


→[SIDE A](インプレのみ)

→[SIDE B](採点式0〜3点)


〜〜総評〜〜


作者の皆様・インプレイヤーの皆様、お疲れ様でした!

BMS活性化運動開始と共に開催を告知し、
2007年1月1日に登録を開始しました当イベントでしたが、
総数31と言う予想以上の登録数に恵まれ、
また、トラブルらしいトラブルも一切無く、
無事終了する事が出来ました。

当イベントの主役となった
参加者の皆様に今一度拍手を贈りたいと思います!


〜〜イベントを振り返って〜〜

少々長文で失礼します。

本イベントは、
テーマが「BMS活性化」に関連するものであれば、
"細かなルール無し"、"登録する物も制限無し"という、
前代未聞の自由な形のイベントでありました。

このような形で開催した最大の理由についてですが、
当ホームページの方針でもあります、
「BMS活性化の形は一つではない」
と言う事が根底となっている事によります。

BMSシーンを盛り上げる、と一言で言っても、
人それぞれ、BMSシーンに対して求める物、考え方は様々です。

良い曲・BGAを求める人、
やりがいのある面白い譜面を求める人、
意外性のある作品を求める人、
BMS作成技術(曲・BGA・譜面)の向上となる場を求める人、
新しい作者の発掘を求める人、
人と人とのコミュニケーションを求める人、
皆と盛り上がる事が出来る場を求める人。

「BMS活性化」においては、
そのような様々なニーズに対して、
出来る限り制限を加えない事、
様々な考え方の人が楽しめるような環境を目指す事、が
まず重要な事だと考えました。

実際に本イベントの[A SIDE]には、
従来のBMSイベントでの登録作品には見られない、
「BMSを盛り上げる」と言う意味での、
様々な作品が登録されました。

対して[B SIDE]は、
従来から行われているBMSイベントに近い形での、
盛り上がり方になったと思います。

本来ですと、主催側としましては、
[A SIDE]と[B SIDE]どちらにも、
自由に色々な物を登録して欲しい、
色々な考え方の元に盛り上がって欲しい、
と言う意図がありました。

そのため、
[B SIDE]で作品登録・インプレが進むにつれて、
「楽曲重視」「高品質作品重視」「作者の上達重視」と言う、
従来のイベントの影響が色濃く反映される形になった事は、
予想外の展開でもありました。

この点においては、
当イベント目指した「自由な形式」と言うテーマが
上手く達成できなかった点でした。
それと同時に、
現状では、従来形式のイベントによる先入観というものが、
非常に強く残ってしまっている、
と言う問題点も浮き彫りになったと思います。

また、今回のイベントにつきましては、
インプレ数が途中から一気に減ってしまった事も、
一つの問題点でありました。

登録・インプレ期間がかなり長かった事と、
第6回無名戦と完全に日程が重なってしまった事、
人の流れが途中で減ってしまった事が、
一つの理由となるかもしれません。

しかし、それ以上に問題となっている点として、
「インプレをする作業が大変な事」
「気軽にインプレしづらい環境になってしまった事」
という点があるように感じられました。

この問題点については、
全ての「登録→インプレ」と言う形式のイベントにおいては、
今後考えなくてはならない、
共通の課題であるかもしれません。


イベント全体を通して、結果的に多くの登録作品に恵まれました。
予想外な所もありましたが、
今後のBMSシーンのために得られた収穫も大きく、
「BMS活性化」というテーマにおいて、
非常に今後のためになるイベントであったと思います。


〜〜登録作品について〜〜

当イベントでは、
今回BMSを初製作すると言う方々から、
すでに各地で活躍されている方々まで、
様々な方々から様々な作品が寄せられました。

熟練者の手馴れた作品、新人の方の挑戦的作品、
気合の入った作品、気軽に作った作品、
オリジナルBMS、コピーBMS、アレンジBMS、
サンプリング音を並べて作った作品、ボーカルBMS。

全ての登録作品に
それぞれ独自の個性が見られたのではないかと、
私は思います。

その中で、特に個人として印象に残ったのは、
「BMS活性化」と言うテーマのイベントに、
海外からの登録があった事です。

特に、ロシアからの参加者、Vospi氏については、
私だけではなく皆さん驚きであったのではないでしょうか。
作品のクオリティもさることながら、
ロシアのBMS作者と言うのは、
私は今までに聞いた事がありませんでした。

また、韓国からの参加者、hur min(MIAO)氏についても、
実力者と言った雰囲気でした。

このような海外からの参加者がいらっしゃった事も、
今回のイベントの一つの収穫だったと言えるでしょう。

今後、BMSの海外での発展も考えられるのかもしれませんね。


〜〜最後に〜〜

最後になりましたが、
登録された全ての作品、全てのインプレッションが、
「BMS活性化」の一端であったものだと私は確信しています。

当イベントはこれにて終了いたします。
それでは皆さん、また次のイベントでお会いしましょう!

(2007/2/24 Playerβ)



〜〜イベント概要〜〜


「BMS活性化運動」に関わる物であれば、
ルール無制限の登録型イベントです。

登録する創作物は、
BMSでも文章でも一枚絵でも動画でも何でもOKです。
気合の入った作品でも、気軽に作った作品でも、
何でもOKです。

今までに登録型イベントに参加した事の無い方も、
ベテランの方も、是非ご参加下さい。

(注意)
著作物が以下のような物であると主催者が判断した場合は、
削除させて頂く事があります。

・違法性が認められる物
・閲覧者に不利益をもたらす物
・一般的に非常識と思われる物
・明らかにイベント主旨と反する物


〜〜日程〜〜

2007年1月1日:登録、インプレ開始
2007年2月12日:登録期間終了
2007年2月18日:インプレ終了

(作品の登録やインプレの状況により
予定は変更される事があります。)


〜〜評価方式〜〜

インプレのみ(評価なし)→ [SIDE A]
採点式(評価あり:0〜3点)→ [SIDE B]
の2タイプを選ぶ事が出来ます。


〜〜会場について〜〜

Digital Emergency ExitのイベントCGIを
使用させて頂きます。