「AP-BOX」計画は
セキュリティ不安のため保留中


IRCチャンネル:#A-P
気軽にどうぞ。

IRCって何?
(→IRC普及委員会)


<APスタッフ募集中!>


Latest Comment
Latest Trackback
Login
ID:
PASS:
 
Admin Login
PASS:
 
webfrog
WebFrog Blog 1.02

rss

2008/08/30(Sat)

[warabi] 「私の履歴書」〜BMSとの出会いから今まで・2〜

さて、マトモなPCと常時接続回線を手に入れた私は、親を心配させるほどのネット依存症の子どもになってしまいました(笑

その年の11月、初めてWebサイトを作成します。
当時はまだBMSを作っていなかったので、コンテンツは自分が好きなゲームやアニメにまつわるものでした。おそらく当時のサイトの内容を知る人は自分以外にもはやいないでしょう。Web Archiveからも消されてしまっていますし。

それと同時に、BMSの歴史に残る伝説のサイト、通称クラスタこと「club Stubborn」の存在を知ります。トップページがほぼ全て英文で書かれていたため、「え、何?海外のサイト?」なんて困惑しましたが、登録作品のリストを見た途端「こんなにBMSを作ってる人たちがいるんだ、すごい!」と思わず興奮してしまいました。

その中から何作品かダウンロードしてプレイするうちに、「自分もこんな風にBMSを作ってみたい」という気持ちが芽生えてきました。
思い立ったらすぐ行動。部活から帰ってきて夜寝るまでの時間、ほぼBMSの作成に充てていました。もちろんシンセを買うお金など無いし、知識も「MIDI?何それ?」程度でしたので、ネットからダウンロードした音素材と、フリーのソフトシンセで作った音をBMSC(この響きすら懐かしい)で組み立てるだけでした。
そんな方法で作った初めてのBMS(ジャンルはミニマル。あまりにも適当)をいきなりクラスタへ持って行きます。レビュアーにはATM氏(現:atomic sphere氏)を指名。毎日どんな感想が来るかが楽しみでしかたありませんでした。
数日後、ATM氏からのレビューが投稿されます。
「例えばこんなのとか。」という一言と共に、原曲の内容を大幅に変え、しかも譜面の面白さもパワーアップさせた差分のURLが貼られていたのを今でも鮮明に覚えています。

BMSを作る面白さと、プレイして感想を貰えることの嬉しさを知った後、私の生活はひっそりと変わってゆくのでした。

つづく


by warabi | 2008/08/30 23:39:41 | warabi | comment(0) | trackback(0)
Trackback
TrackbackURL:
http://a-p.cside.ne.jp/ap2/index.php?exec=Blog::tb&id=48b9625520d1f&r=[3 + 8 の答え]

Comment
タイトル
名前
URL
添付ファイル
スパムチェック 3 + 8 =
内容